イキリオタク、東京の陽を浴びる。ビタミンDがたくさん出たね、

 

ある日の午後のことである。

一人のオタクが、アニメイトの下で同胞を待っていた。

この広い東京の人々は飽和している。目当ての同胞は探し難い。チェック柄の集団を見かけて、あれかな~と悩んだり、くーの身長が低いという情報を頼りにきょろきょろしたり。

結局見つからず終いだったので、電話を鳴らしてみて、周囲を右往左往してみる。

するとどうだ。背の低い、厨房のような格好をした、若年のオタクが鞄を漁っているではないか。

彼は右の手にスマートフォンをもって、その液晶を覗き込むように眺めていた。バイブレーションの振動を見るに、多分僕の鳴らしたものであろう。僕は、六分の恐怖と四分の好奇心に動かされて、暫時は呼吸をするのさえ忘れていた。

旧記の記者の語を借りれば、「頭身とうしんの毛も太る」ように感じたのである。

そして、彼が電話に出ると、通話の声と、リアルで聴こえてくる声が見事に一致している。

僕は、このイキリオタクがくーである事を確信し、意を決して言ったのだ。

 

 

 

「今、キミの後ろにいるよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで第三回bbzオフ(in東京)に行ってきました。17.6.17.午後からの参加です。

 身内記事にて注意。

 

 

 

 

 

6.17

集合場所の池袋には、最寄り駅から数十分なので調子をこいていました。すると、乗る駅を間違えて遅刻しました。すまん。

しかし、例のごとく14時にアニメイトから出てきた所で合流。

 

f:id:yayankokun:20170620225949p:plain

あほろんのブログのパクリ。

僕=ヤヤコマ、くー=バクオング、ありじー=レジギガス、めいたん=フタチマル

 

みんな初対面だったのでやや緊張気味でしたが、くーが同年代に見えたのと、アホロンの声が通話通りねっとりしていて、一気に打ち解けました。

ありじーの身長がクッソ高くてビビった。2mはあるぞ。マジで。

めいたん、ありじーは初対面どころかFF外だったのでビビっていましたが、どちらもコミュ力が高くたくさんSpeakできてGood.

 

そしてゲーセンへ向かう。それが、とにかくうるさい。騒音対策にあほとイヤホンを方耳づつ挿して恋人気分。

曲名は、NONA REEVESで 「O-V-E-R-H-E-A-T」。名曲だから聞いてみてね。

 

www.youtube.com

 

のちに魚が食べたいとのことだったので寿司屋へ行きました。

そこからはもう大人達による地獄の洗礼を受けました。思い返すだけでもおぞましい。あまりにも酷い内容なのでここには記述できません。他の方のブログを参照して下さい…。

ちなみに料金はあほの奢り。軽く5000は超えていたのにイケメン。マジリスペクト、基本アホロンに感謝。

 

 

 

 次にボーリングに向かう。

カタカナで書きなさいとあるのに、ひらがなとか漢字で参加しようとするガイジがおった。

しかしこのスポーツ、くそむずい。まずボールが重くて持てなかったので、女性用のやつを持ってきた。僕の運動神経がないのも相まって(てかこれが一番デカイ)、ピンに球が触れた回数の方が少なかった。

 

 

陽キャ偽装運動も終わり、ハルトくんと合流する。

 

途中、DQNの客引きがタバコを吸いながら絡んできた。いやそれ接客の態度じゃないやろ。やはり都会人のべすの対応は慣れていて、「未成年です」と一喝。

格好良かった。しかし冷静になって考えてみると、ありじーの身長3m級だしおかしい。

 

 

 f:id:yayankokun:20170620231602p:plain

ハルト=ツボツボ

 

のちに、申し訳程度のポケクラ・アピールのためにポケセンへ。

僕はポケクラではないのでアクジキングのキーホルダー以外には何も買わなかったのです。くー、あほの浪費っぷりがパなく、普通に万単位払ってて震えた。

 あまり買わぬハルトと僕は、暇だったので丁度近くでやっていたアイドルのコンサートを眺めていた。あふれるオタク感。地下アイドル風の出で立ちなのだが、意外にクオリティが高く、歌声も綺麗でちょっとだけコールに参加したりした。キモイ。

 

 

f:id:yayankokun:20170620233209p:plain

 

購買運動が終わる頃には、夜のとばりが降りていた

ディナーはイタリアンがいいな…という声を採用しゼリヤで優勝。未成年組は総じてミラノ風ドリアを頬張る中、青年組は酒を呑む。

べすの顔がスライムベスばりに紅潮していたので酔いすぎやろと思っていたが、本当にやばいのはくーだった。調子に乗って9%のハイボールを四杯キメる。

すると常に千鳥足・口は半開きになりスーパーハイテンションになってしまった。こうなったら手のつけようがない。また、 ありじーは酒に強いのかと思いきや、ここからかなり饒舌になる。

 

割り勘し、カラオケへ向かう道中は混沌であった。

くーは常にあほに介護され、道端で眠っている人に指をさして「ガイジだ!」と叫んだり、信号は無視して車に轢かれようとするしで忙しい。僕の胸を揉んできて、感じてるやろとかほざいてきたり。まあ気持ちよかったけど。

またべすくんも密かに暴走。交番前の信号を無視したりと秩序が乱れまくってる。

この辺りでふらわぁと合流。常識人。くーを見て驚愕。僕とは初対面でしたが、話しやすい方で歓喜。少しだけしか過ごせなかったのが惜しい。。

 

カラオケに入り、テンションの上がった僕。

初手ラヴ・トゥゲザーを入れて暴れる。次にくーがシュガーソングとビターステップを酔いながら歌い上げる。そしてもう二曲歌ったあたりで、ハゲた店員が乱入。

「未成年おるやろ酒呑むな、出てかねえと警察呼ぶぞ(意訳)」と言われ退室。

まあ僕らが悪いし、しゃーない。

 

てなわけで路頭を彷徨う。

カラオケは萎えたしアテがないのでラブホテルに泊まろうという話が浮上。確かに男8人という絵面さえ堪えれば、広い寝床、騒いでも文句を言われない…と合理的である。部屋代を割り勘なら値段面もまるい。どうしても8Pしたい人もいるだろうし。

しかし全て断られる。

そこでべす邸の最寄駅に移動し、カラオケを探し、見つからなければべす邸というアイデアが浮上。池袋駅に向かうことに。

ここであすはバイトのめいたん、金欠のふらわぁはここでお別れ。

 

目的地に着き、普段歩かぬオタク集団にて足が痛いのでマクドでひと休み。ここら辺で、みんなの酩酊は醒める。同時に、路頭の疲れがドバーッと出て、カラオケに行く気が失せる。

てなわけで深夜0時のべす邸へ。くーがラグが無いなら僕と対戦したいというのでスマブラがはじまる。ポケクラは何処に。

一息ついて、暑いし睡魔が襲ってきたので怖い話をすることに。スタートはくーの体験談だが、おもしろくなかった。

次に僕、ありじーの2人で回してゆく。中でも 「逆拍手」 は、ありじーの迫真の演技も相まって鳥肌が立った。いつか百物語イプとかしても良さそうだな~と思った。

 

語り終える頃にはくーが寝落ち。次にありじー、べす。

僕、あほ、ハルトの起床組は、長い夜に青春を語り明かしたのである。

 

気付くと四時を回っていた。少しだけ眠いので、缶コーヒー目当てに朝のコンビニに繰り出した。この時、鍵を閉めるためにべす邸‘sスペアキーを持ち歩いていたけど、よく考えたら窓開いてました。すみません。

帰ってくるとありじー、くーが起床。

全員が起床するまで暇なので、僕・くー・あほ・ハルトでマルチバトルをする事に。ありじーはポケモン持っていないので、ぐったりしていた。

終戦が齎されると、僕とあほは眠くなってくる。ベッドの上でふたりで添い寝。恋人気分…かと思いきや、いびきがうるさくて安眠できませんでした。

 

一時間後、アラームで飛び起きると焼肉へ行くことになった。僕が寝ている間は、ありじーの得意な艦これの話をしていたらしい。少々興味があったので、眠らなければよかったかもしれない。

f:id:yayankokun:20170625211044j:image

向かった焼肉屋は食べ放題でソフトクリーム付きと、中々豪華だった。味も上質。恋愛診断やらこの世の終わりみたいなインスタの合唱やらをし、あっという間に時は流れる。

ここで、ありじーが帰宅。気が付くと消えていた。別れの言葉を言いそびれて後悔。

次に昨日の無念を晴らすためカラオケに行こう…となったものの、どこも一時間待ちで断念。解散

 

このぐだぐだ感が楽しいといえば楽しかったです。

次回は海へ行くらしい。陰キャ達はウェイの真似事が好きなのである。

 

 

 

「イキリオタク」 と 「リア充」の境界線とは~オタクの増加でどうなる!?日本~

突如生まれた「イキリオタク」というパワーワードは、SNSを中心に破竹の勢いで定着しつつある。

もはや俺オタクだけど~から始まる構文は見慣れた…という読者も多いことだろう。

また、よくあるオタクへの偏見ツイートに喰らいつく姿も記憶に新しい。

 

 『イキリオタクイキりオタクとは、オタクの中でもがっているオタク蔑称である。*1

そんな彼らの定義を見返して連想されるのは、純粋な陰キャオタクが電脳世界でウェイを演じているケースだ。その場合、自分だけは他のオタクとは違う。そんな承認欲求、優越感が動機だといえよう。

しかし、ツイート文面だけでそんな事が断定できるとは到底思えない。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

これを例にして考える。

寧ろ逆のケース。オタク的嗜好のリア充が真実を語っているケースもありうるだろう。

動機はオタクへの偏見を取り払うための真実の布教だとする。

そうであるならば、彼は先程と同じようにイキリオタクとして括られてしまうのか?

 

言い換えてみる。

ここにリア充が居るとしよう。彼女持ち、友達いっぱい。50m走は6秒台、誰もがうらやむ完璧イケメン。

さて、そんな彼が実はオタクであり、SNSでオタクへの偏見に抗議していた場合。彼はイキリオタクとして分類されるのか?

答は賛否両論で白黒つけがたいものである…というのは、あまりにも不可思議であり、理不尽ではないか?

リアルの充実したイキリオタク。彼はふたつの特性を併せ持つという事になってしまうのだ。

リア充(リアじゅう)とは、リアル(現実)の生活が充実している人物を指す。*2

とどのつまり、イキリオタク∩リア充の状況に陥る可能性すらあるのである。

 

このように、それぞれの定義を隔てる境界線は極めて薄いといえる。

それが偽りでない限り、イキリオタクとリア充の明確な区別はつかない。

趣味が違うのみで、定義の面で見れば同じような存在なのだ。

そう、イキリオタク≒リア充なのである。

 

 

Q.E.D.証明完了

*1:ニコニコ大百科から引用

*2:Wikipediaから引用

【くーshine杯】積みは追憶の化身なり~初戦敗退~

はろはろ~。

†俺がややんこだ†
レート2000超えの猛者だが通話でシコってしまうくー主催の「くーshine杯」という大会に出場し、見事初戦敗退して参りましたのでこの場を借りて報告しまつ!!

大会のルールとしては少々特殊で、大まかに説明すると、

・五世代までのポケモンのみ使用可能
・メガ進化禁止
・六世代になり使用可能となった技、道具は使用可能
・クラウンスイクンなど、過去作産使用可能
ジャローダオニゴーリは出場禁止
ローブシンラティオスサザンドラバシャーモはPTに一体のみ使用可能

というもの。
きちんとバランス調整されている素晴らしいルールですね。
BWを俳諧とさせる懐かしい環境の中、楽しんで対戦することが出来ました。
結果はもちろん初戦敗退でしたが、(自称)接戦でアツかったですよ。はい。

くその役にも立たない記事ですがどうぞ。


【Party紹介】

f:id:yayankokun:20160817004532j:plain

 

おや失敬。

パーティーとパンティーを間違えてしまいましたね。

 

 

 

f:id:yayankokun:20160816233342p:plain

じゃじゃーん。

前回のハゲ杯とは異なり、今回は真面目に考察しました。
いわゆる積みサイクルというやつです。

積みエースはカビゴンウルガモスカイリューと多めの三体。

壁貼り兼ステロ要員にマンムー、相性補完にジバコ、ガッサ。
大会では負けてしまいましたが、その後のフレ戦ではなかなかの勝率を出してくれました。

 

ポケモン紹介】

f:id:yayankokun:20160816234217g:plain

カビゴン
慎重HBD@カゴ
鈍い 眠る 恩返し 地震

まず、この大会では火力インフレの元凶ともいえるメガポケが存在しない=受けポケモンが増えてくると予想したため高火力で押し切るという形を取りました。
また、ガルーラが居ない環境となり、六世代よりは格闘タイプが少ないと予想しました。
上記二つの条件をくみ取り、クレセリアサンダーポリ2を起点にできて活躍できるカビゴンをエースとし、こんなPTになってしまったわけです。
個体値はH160-D110にAは110もある。弱いわけがない。
環境の予想は見事に外れましたが、カビゴン自体が意外に強力で、積めば重要塞に化けてくれました。
まさにこの環境だからこその活躍といえるでしょう。
しかし、大会本番にて恩返し採用しているのに懐かせてなかったのは雑魚だなと思いました(小並感)

f:id:yayankokun:20160816234736g:plain
マンムー
臆病HS@光の粘土
光の壁 リフレクター ステルスロック 吠える

起点作りマン。
安易に全抜きできる環境を整える。
特にカビゴンは壁があると著しく積む機会が増えるため、壁貼りは個人的に必須急である。
本当はアグノムを使用したかったが、エーフィだとステロ撒けないしおすし、受験だし厳選している時間が無かったため、渋々採用した。
おかげで馬車がおもおものおもになってしまった。攻撃技がないのは特性が鈍感だから気にならない。

f:id:yayankokun:20160817000041p:plain

陽気AS@ラム
竜舞 逆鱗 地震 ほんち

半分見せポケ。
サンダー、ポリ2、クレセリアボルトロス…などのカビゴンが起点にしやすいポを引き寄せる。
ただし流石カイリュー、いざ選出すれば確実に何かしらの仕事はしてくれた。
壁やステロがあれば全抜きも容易で、突破不可能な相手がいればカビゴンに任せればよい。
カビゴンとの相性は良好であるというのが素直な使用感。

f:id:yayankokun:20160817000636j:plain

控えめCS@襷
蝶舞 大文字 虫のさざめき めざ氷

恐らく選出率ワースト一位。
特殊技主体の抜きエースが欲しいという理由で採用したが、起点にできるのが特殊技主体のポケモンと、カビゴンと被る。
そのため、無理やり積める襷を採用した。
身代わりを貫通できるさざめきは優秀だが、突破口はマンムーの吠えるで充分であるためあまり恩恵を感じなかった。カビゴンの起点のクレセも遠ざけてしまうカス。
正直この枠は他のポケモンで充分代用できそうである。
要検討。

f:id:yayankokun:20160817001343j:plain

意地AS@鉢巻
マッパ タネガン 岩封 馬鹿力

テクニシャン(意味深)

相性補完として採用したが、十分に活躍してくれた。
素で速いポケモンが少ないため、高火力先制技であるマッパは害鳥が居ないのも追い風となり強力だった。
本当に害鳥が居ないのが強くて、無理な交代読み岩封択がなく自由に暴れることが出来た。
多くは草ポケに引いてくるのでそこに高火力を押し付けることで打ち勝つ、という場面が多かった。

f:id:yayankokun:20160817002352g:plain

控えめCS@眼鏡
10万 ボルチェン ラスカ めざ氷

ここまでで重いマリルリ、バシャを頑丈により無理やり突破する相性補完。
当初この枠はラティオス(採用理由は使ってみたかったから)だったが、あまりにもマリルリが重いため、
結果的にジバコイルに落ち着いた。
(実際は色じゃ)ないです

かっこつけたかっただけなんですゆるして

 

【あとがき】

一言でいうと楽しい大会でした。
初戦敗退、マジでくその役にも立たない記事だと思いますが、こんな大会だったんだなー程度に感じてくれますと幸いです。
大会後のフレ戦も和気あいあいとしていて、そういうところも含めて素晴らしい大会でした。
主催者のくーくんも運営しながら抜いたりせず見事だったと思います。
この記事を見てくれた皆さん、参加者の皆さん、そしてくーくん。
本当にお疲れ様でした!!

かっぱ杯全敗構築:The Special Attack Corps~in Oasis~

 

ウイイイイイイイッッッッス。どうも、ややんこでーす。
まぁ今日はかっぱ杯、当日ですけども。
えーとですね、まぁルールは、えーマルチバトルの大会なんですけども、ただいまの時刻は1時を回りました。
はい、ちょっと遅れて来たんですけどもね。えー11時ちょっとすぎくらいに、えーイオンシネマに行ったんですけども。
ほんでーまぁイオンシネマの全体の動画を撮った後に行ったんですけども。スィー。
ほんでーかれこれまぁ2時間くらい、えー待ったんですけども。

 

相方はぁ…誰一人…来ませんでしたァ。

一体なーにがいけなかったんでしょうかねぇ…

(来ました)

相方はK氏でした。チーム名は「†古川蓮合神奈川支部特攻隊上位二名†」

僕も相方も神奈川県在住なのでこの名前に定まりました。

この後、蓮合の本部と対立してしまう事となるのはまた別のお話。

パーティとしては、特攻隊の名に恥じぬ一撃必殺を取り入れたものとなっているのですが、残念ながら流行していた猫の手ダクホ諸々に惨敗。一度も勝つことが出来ませんでした。相方のカイロスがギロチンを外しまくり、最終的に相手のルカリオの先取りギロチンや、ボルトロスの威張るなどの猛攻を喰らったときは爆笑の渦でした。

f:id:yayankokun:20160730015811p:plain

 

 

バンドリマンダになんやかんやした感じのパ●ティー

目を凝らすと一撃必殺持ちが眠っていることが分かりますね

そうだよ(便乗)

砂下でドリュウズが角ドリルをぶちかまします。

どんなポケモンもイチコロですよ。弱いわけがない。

 

因みに、構築名は僕が砂パ、相方は雨パだったのでオアシスの特攻隊にしました。かっこいいでしょ。

ポケモン紹介】

f:id:yayankokun:20160730021056p:plain

バンギラス@さらさら岩

控えめHC

火炎放射 10万ボルト 冷凍ビーム ステロ

 

ステロを撒いて襷をつぶすことで一撃必殺のサポート。特殊で良かったなあと感じたシーンはなかったので、おとなしく雪崩とかしてたほうがいいです。

 

f:id:yayankokun:20160730021738g:plain

ドリュウズ@命の珠

陽気AS

†角ドリル† †地割れ† ドリルライナー アイアンヘッド

 

上から一撃必殺を放っていくスタイル。一度も当ててくれなかった。地震だと相方に当たる危険性があるのでドリルライナーを採用した。一度も使わなかった。

 

f:id:yayankokun:20160730022951g:plain

ボーマンダ@メガ

臆病CS

ハイボ 流星群 追い風 身代わり

 

エース。一撃必殺技を持っていない雑魚

 

f:id:yayankokun:20160730022748g:plain

ラプラス@チョッキ

穏やかHD

†角ドリル† †地割れ† †絶対零度† 凍える風

 

一撃必殺技のデパート。一度も当てていない

 

f:id:yayankokun:20160730023345g:plain

コジョンド@襷

猫だまし けたぐり 岩雪崩 叩き落す

 

精神力のやつ

 

f:id:yayankokun:20160730023633g:plain

モロバレル@ゴツメ

怒りの粉 キノコの胞子 わすれた

 

結果こそ悪かったものの、大会としては最高のものでした。主催者のハゲ氏に拍手!!